音楽未来派No.9

マイペースにBUCK-TICKを考察するブログです。気が向いたらほかの音楽の事も紹介するかも…記事はこれからです…。

音楽歴その3

f:id:konecosan:20170717020335j:plain

こんばんは~。とある海外ドラマ見てたら、目が冴えてしまいました。

なのでブログでも更新しよーかなと。別にどうでもいいんですけどね…。

洋楽にハマった理由は、とあるラジオで、めっちゃ洋楽を教えてくれて、

いろんなバンドを一気に知ったことでした。

でも高校生のおこずかいでは、もちろん、全部CDは買えないので、、、

近所のレンタル屋さんが、田舎なのにマニアックな洋楽のCDも扱っていたんです。

ここでたくさんCDを借りて、どっぷり洋楽にハマっていきました。

f:id:konecosan:20170717020348j:plain

たぶん、90年代、UKロックがスゴく盛り上がっていました。

有名なのはOasisblur」でしたが、それよりも「The Chemical Brothers」に

衝撃を受けていました。歌なくても、楽しい~みたいなw

ケミカルの1st「さらばダスト惑星」は、ほんとによく聴いていましたよ。

あと、ヒップホップって黒人の音楽でしたけど、

白人の先駆者である「Beastie Boys」の「Check Your Head」も聴きまくっていました。

それと映画「Trainspotting」の影響で「Primal Scream」「underworld」なんかも…。

とにかく、この時代はロックもテクノも、とにかく素晴らしいミュージシャンだらけでした。

なので、とにかく学校終わったら、早くウチに帰って部屋でひたすら、

音楽を聴きまくるという感じでしたね~。では、続きはまた今度。

音楽歴その2

f:id:konecosan:20170313192410j:plain

こんばんは、konecoです。誰にも聞かれてないけど私の音楽歴の続きです。

子供の頃、親戚の姉から、BUCK-TICKを教えてもらって、

たぶんデビュー作から「狂った太陽」、「Six/Nine」くらいまでは、

姉の家で聴いていたような気がします…うろ覚えですけど…。

しかし、中学くらいから、夏休み中に姉の家に遊びに行かなくなりました。

それでBUCK-TICKから、離れてしまったんです。

まぁ…こればっかりは仕方ないんですけど…。

中学の頃は、音楽よりも映画や海外ドラマにハマッていました。

で、高校生になった辺りから、渋谷系というアーティストたちが現れ、

そういったアーティストの音楽を聴くようになりました。

あとミスチルスピッツなんかも聴いてたな…懐かしい…。

で、とくに渋谷系のアーティストを聴いていると、

なんか、洋楽を聴き始めた方がいいかなと思ったんですよね。

それで、ラジオや雑誌などで洋楽の情報をゲットして、

UKロックやテクノを聴き始めたという感じです。

でも、今思うと洋楽を聴いててよかったなと思います。

写真は昨年のBUCK-TICK CLIMAX TOGETHER 3rd のです。

いや~これを皮切りに3カ月、連続でライブに行きましたw

ライブの感想は、また別な日に。ではまた。

音楽歴その1

f:id:konecosan:20170710231503j:plain

謡曲が好きな母の影響もあり、音楽を聴くことはごく自然のことでした。

母のレコードプレイヤーがあって昭和の歌謡曲をたくさん、聴かされました。

ジャンルもめちゃくちゃでアイドルやバンド、童謡なんかもレコードで聴いていたんです。

そんな感じで我が家はレコード、ラジカセ、CDプレイヤー、コンポ、MDコンポなど、

時代とともに自宅のオーディオが変わっていきました。

それで、どこでBUCK-TICKを知ったかというと…。

両親の実家なんですけど、ここに親戚の姉がいまして、

この姉がちょうど「バクチク現象」の世代の人だったのです。

姉はBUCK-TICKのファンになる前は、

どちらかというと外で遊ぶタイプだったのですが、

BUCK-TICKのファンになってから、家にいるようなって、

狂ったようにBUCK-TICKの曲を聴きまくっていたんです。

とくに夏休みとか長期休暇の時に姉の家にいくと、1日中、BUCK-TICKの曲が流れている感じでした。

あと、ファンの人と仲良くなって入手したデビュー当時のBUCK-TICKの映像とか見せられました!

そんなワケで、この姉からBUCK-TICKを教えてもらったのです。

ただ、当時は自分はまだ子供で洋楽も知らないので、BUCK-TICKを雑誌で見た時に

「こういう大人の人がいるんだ…」と思ったものです…というか、

姉にどう反応していいか分からなかったんです…それくらい、姉の熱量はスゴかったです。

この時、BUCK-TICKのファンになっていたら、もっと早くライブに行っていたと思います。

でも、姉の豹変ぶりがちょっと怖かったというのも、あるんですけど、、、

なんで、あんなにBUCK-TICKを見て叫ぶのか、よく分かっていなかったんですよね><。。。

続く。

 

まさかのBUCK-TICK

f:id:konecosan:20170709232243j:plain

はじめまして管理人のkonecoです。本当はオススメの洋楽を紹介しようと思っていたんです。

今までたくさん、の洋楽を聴いてきました。

音楽の趣味は、UKロックとかテクノや音響系の音楽を好んで…。

でも、ここ数年、個人的にもいろいろあり、あまり音楽が聴けなくなっていたんです。

なんか「あんまり楽しめていない感じ」というか…。

でも「それじゃいかん…!」と思って、癒し系なエレクトロサウンドを聴いていたりしたんです。

なんとか、完全に音楽から離れないようにしていました。

だから、このブログでもオススメの洋楽を紹介しようと思っていたのに…。

しかし、ある日、突然、突然…BUCK-TICKに目覚めてしまったのです!

きっかけは、あんなに「バンドが好きだったのに…初めて聴いたバンドってなんだっけ?」と、

ふと、昔のことを急に思い出しまして…それで「あ、BUCK-TICKだ…」と気付いたワケです。

あ、男性バンドとしてはってことですけど…。

実は、とある事情でBUCK-TICKは、初期~中期頃のアルバムまでは聴いていたんです。

それもあって、「何十年ぶりかに聴いてみよう」と思いました。

そしたら、とくに「taboo」と「悪の華」、この2つのアルバムは全曲覚えていたんですよ!

しかも「歌える…!歌詞も覚えてる…!」と思って。

youtu.be

それでほかの曲も、結構覚えていて、小さい頃の記憶って「凄いな」と。

でも、昔の曲を覚えているということは、やっぱり名曲が多いバンドなんだと改めて思いました。

そんなワケで最近もの凄い勢いでアルバムを集めて、曲を聴きまくっている感じです。

こんなにいろんなジャンルの音楽に挑戦していたバンドだったんですね><。。。

後悔しても遅い、全然遅いけど、やっぱりリアルタイムでライブを見てみたかったな…。

非常にもったいないことをしてしまった。でも、悔やんでも仕方ないので、、、

今、取り戻すようにBUCK-TICKのいろんなアルバムを聴きまくっています。

マイペースにBUCK-TICKについて考察していこうと思っています。

変な話、こんなに楽しんで音楽を聴くこと自体が久々なんです!

まさか、今頃になってBUCK-TICKにハマるなんて思ってなかったw

あ~音楽って本当に不思議ですね!ではまた~。