音楽未来派No.9

マイペースにBUCK-TICKを考察するブログです。気が向いたらほかの音楽の事も紹介するかも…記事はこれからです…。

まさかのBUCK-TICK

f:id:konecosan:20170709232243j:plain

はじめまして管理人のkonecoです。本当はオススメの洋楽を紹介しようと思っていたんです。

今までたくさん、の洋楽を聴いてきました。

音楽の趣味は、UKロックとかテクノや音響系の音楽を好んで…。

でも、ここ数年、個人的にもいろいろあり、あまり音楽が聴けなくなっていたんです。

なんか「あんまり楽しめていない感じ」というか…。

でも「それじゃいかん…!」と思って、癒し系なエレクトロサウンドを聴いていたりしたんです。

なんとか、完全に音楽から離れないようにしていました。

だから、このブログでもオススメの洋楽を紹介しようと思っていたのに…。

しかし、ある日、突然、突然…BUCK-TICKに目覚めてしまったのです!

きっかけは、あんなに「バンドが好きだったのに…初めて聴いたバンドってなんだっけ?」と、

ふと、昔のことを急に思い出しまして…それで「あ、BUCK-TICKだ…」と気付いたワケです。

あ、男性バンドとしてはってことですけど…。

実は、とある事情でBUCK-TICKは、初期~中期頃のアルバムまでは聴いていたんです。

それもあって、「何十年ぶりかに聴いてみよう」と思いました。

そしたら、とくに「taboo」と「悪の華」、この2つのアルバムは全曲覚えていたんですよ!

しかも「歌える…!歌詞も覚えてる…!」と思って。

youtu.be

それでほかの曲も、結構覚えていて、小さい頃の記憶って「凄いな」と。

でも、昔の曲を覚えているということは、やっぱり名曲が多いバンドなんだと改めて思いました。

そんなワケで最近もの凄い勢いでアルバムを集めて、曲を聴きまくっている感じです。

こんなにいろんなジャンルの音楽に挑戦していたバンドだったんですね><。。。

後悔しても遅い、全然遅いけど、やっぱりリアルタイムでライブを見てみたかったな…。

非常にもったいないことをしてしまった。でも、悔やんでも仕方ないので、、、

今、取り戻すようにBUCK-TICKのいろんなアルバムを聴きまくっています。

マイペースにBUCK-TICKについて考察していこうと思っています。

変な話、こんなに楽しんで音楽を聴くこと自体が久々なんです!

まさか、今頃になってBUCK-TICKにハマるなんて思ってなかったw

あ~音楽って本当に不思議ですね!ではまた~。